人気ブログランキング |

1月24日 開放日のお知らせ

1月25日 OPEN 19:00~

武井バーナー着火手順 (写真もっと見せてくれ、と、メール来たので)
加圧ポンプは合計100回以上ポンピングする。指か痛くなるのでオプションの
自転車の空気入れバルブに交換しました。(ポンピングは10数回以下になる)
f0139163_21121391.jpg

プレヒートは1.5Kgまでポンピング
f0139163_21184890.jpg

チャッカマンでプレヒートバルブを開いて点火。灯油が冷えていると、点いては消えを繰り返す。
f0139163_21201361.jpg

プレヒートは季節によるが、約2分から4分位。
f0139163_21225352.jpg

圧を2Kgまで上げたらバルブを差し込んで、さぁっ着火!!
f0139163_2125167.jpg

プレヒートバルブを閉じる。けたたましい燃焼音と共に、一気にまわりが温まる!!
f0139163_2128341.jpg

武井バーナーは501Aと301Aがある。これは501A、タンクが2.8ℓと圧力計が付く。
燃焼時間は約10時間と説明書に書いてあるが、実質8時間位。301Aは3時間。
f0139163_2137825.jpg

消化はバルブを閉じたら、圧調整弁で空気を抜く。
f0139163_21391563.jpg

その他、付属品はヘットを交換して煮炊き出来る五徳が付く。
f0139163_2142587.jpg

マニアはこの一連の作業がたまらくいいみたいですが、わたしゃ、スイッチポンで点火する方がいいですね!?
なんかボイラーマンみたいな段取り作業でさぁ^^; でも、この火力は大いに魅力あり!!です^^¥

※2017年2月13日 追伸 
 最近、ストーブの記事が読まれています。ここに紹介されている武井バーナーですが、テント内(リビングシェル)での
 使用に適しておりません。と言うのは、臭いのです。家庭用ポータブル石油ストーブを消火した時の匂いが燃やしている間、
 立ち込めるのです。
 試しに24畳間の部屋で1時間くらい燃焼しましたが、とても臭くて中に入れる状態ではありませんでした。
 なので、野外での使用に限られます。購入を検討されている方、参考にしてください。

by atelier-m1 | 2014-01-24 21:44 | キャンプ・カヌー | Comments(0)